2010年09月02日

補助金漬けでは、農業経営は効率化しない




農業は本来、農事業と言われるように、企業と同様に事業経営の

視点をもっと取り入れる必要があります。



しかし、現在の農政は、農家に簡単に補助金や低金利の融資を出しすぎて

います。

そのため、年に何日も稼動しないトラクターなどを、何百万円も出して

購入しています。


共同利用するとか、中古市場を活性化させるなど、方法はあるの

ですが、多くは過剰投資になっています。



補助金は、優良な事業計画を立てている農家に支給されるのですが

その後の成果をフィードバックして評価するシステムが欠けています。

単なる入り口規制になっているのが大きな問題です。


農家の経営的状況を評価して、その費用対策効果を判断しなければ

ならないのですが、農協は、農家の経営を把握できていません。


むしろ農協は、さらに資金を出したがる傾向があります。


補助金で機械や建物の整備をする場合には、規格物をいれなくては

ならないので高くつきます。


畜産の糞尿処理施設など、まるで核シェルターのような分厚い

コンクリートを使わされます。


補助金による経営は、ムダが多くなるのです。


やはり農協に任せきるのではなくて、地元の金融業者にも、もっと

融資できるようにして、経営の視点から農家を見ることが必要

です。


投資に見合った成果が出るようにうながすべきです。





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村


posted by 青熊 at 23:47| Comment(1) | 農業再生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。