2010年05月26日

日本の銀行は個人にお金を貸す能力がなかった




日本の銀行の貸し出し能力の低さは、武富士やプロミスなどの消費者金融と

一緒に仕事をしていることからもわかります。


元々あまり評価されていなかった消費者金融と、格式を重視する銀行とが

なぜ一緒に仕事をすることになったか知っていますか?


本来なら、銀行は嫌がるはずなんです。

その答えは簡単です。


ようするに、日本の都市銀行には、個人相手にお金を貸す能力がなかった

からです。



じつは、これまで銀行は優良企業しか相手にしていませんでした。

個人相手に貸し出すノウハウがなかったんです。


だから個人相手に貸し出す能力をもっていた消費者金融と組んだわけです。


自分でその能力を持っていれば、消費者金融と組む必要はないはずです。

消費者金融と組んだということは、能力のないことを白状しているわけです


個人相手に、お金を貸すために一番大事な能力は何か知っていますか?

それは、回収能力です。


回収する能力さえあればいくらでも貸せるわけです。

消費者金融とか、サラ金は、そのノウハウをいくらでも持っています。


銀行としては、その回収能力がほしかったんです。


 ・資金繰りを楽にするための銀行交渉のツボ

 ・銀行との賢い付き合い方
 
 ・資金繰り・銀行交渉はキーマンを含めて複数対複数で

 ・資金繰り、銀行にどんな情報を伝えるか

 ・資金繰り、自社の信用格付けを聞いてみよう




人気ブログランキングへ


posted by 青熊 at 23:19| Comment(0) | 銀行と金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。